トレンドの流れを味方につける手法とは!?

こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

今回のクロス通信では、前回の最後にお話しした
スイングトレードについて
お伝えしていきます。

まずスイングトレードについて
説明していきますね。

FXに取り組んでいる方でしたら
すでに知っている方も多いかと思いますが

スイングトレードというのは
数日~数週間ポジションを保有
トレードを行う中期型のトレード手法のことを言います。

この手法、一見するとFXに取り組む時間がある人しか
使えないように思えますが、

実はお昼間に働いている方や
初心者の方にオススメなんです!^^

なぜなら、
4時間足などであれば
朝昼晩と1日3回程度の相場チェック
利益を狙っていくことが十分可能だからなんです。

しかも1回のチェックは、3分程度でもOK。

4時間足の相場は
比較的ゆっくり動くため
その間、次の流れを予想する時間が持てるんですね。

つまり、

少しの値動きにビクビクしたり
一喜一憂したりしないで
落ち着いてトレードすることが出来るんです(^^)

さらに、もっと長い日足でしたら、
ゆっくりのトレードになりますが、
1日1回の相場チェックだけでいいんですね。

そしてスイングトレードを行うときに
ぜひ覚えていていただきたいのが
“トレンドフォロー”という手法です。

スイングトレードで利益を取るには
まずトレンドを狙ってエントリーすることが
一番の近道だからです。

FXの相場はトレンドが継続しやすい
という特徴があるので、

上昇のトレンドが起きたら
しばらく上昇が続き

下落のトレンドが起きたら
しばらく下落が続きます。

このトレンドの波を追いかけて
トレードを行うのが”トレンドフォロー”です。

つまり、
相場がどちらへ向いているのかを見極め、
その流れに従って、トレードを行なえばいいんです。

上昇であれば、
直近の高値を更新した場面で
買いのエントリーチャンスを狙えますし

下落であれば
直近の安値を更新した場面で
売りのエントリーチャンスを
狙っていくことが出来ます。

今の相場にトレンドが発生しているか、
また、上昇・下落、どちらのトレンドなのか、
その判断が出来るようになれば、

スイングトレードは
あなたにとって大きな武器になるでしょう!

もしも今のトレードスタイルが
生活リズムと合っていないなと感じるようであれば
一度、スイングトレードも
視野に入れてみてくださいね。

それでは今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

ぜひ、次回もお楽しみに!

それでは、またお会いしましょう(^^)

担当:上村

P.S.
クロスリテイリングのLINE@が誕生しました!
まだまだできたばかりですが、
ぜひ登録してくださいね!
LINE@
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
トレンドフォローで

ごっそりと利益を取っていく

シンプルかつ、リスクの少ない手法で

あなたも経済的自由人を目指しませんか?

トレンドハンターFX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

ニューヨーク時間の攻略方法教えちゃいます!

こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

先週NY市場の特徴について
お話したことを覚えていらっしゃいますでしょうか?
記事はこちら

実は、先日の更新のあとに
こんなお問い合わせをいただきました!

—————————————————————
私は普段はウイークディの9:00-18:00で働いておりますので、
トレードはどうしてもNY時間ということになりますが、
NY時間の動きは欧州、アジア時間に比較して、
格段に難しいです><

NY時間の攻略法について、
ぜひとも詳細な記事を書いていただけたらと思います。
—————————————————————

貴重なご意見とメッセージありがとうございました!

というわけで、
今回はニューヨーク市場での取引について
その攻略法をお伝えしていこうと思います。

先週お伝えしたように
ニューヨーク市場の特徴は

「相場がダイナミックに動くこと」

「経済指標の発表に大きく左右されること」の2点です。

ですが
逆に言えばこの2点に気をつけていれば
ニューヨーク市場の大まかな流れを
読み解くことが出来るんです。

ニューヨーク時間が始まったばかりの時間帯は
大きな指標発表などが無い限り

「基本的には欧州時間の流れを
そのまま引き継ぐ」
と考えられています。

欧州時間と時間帯も被っていますからね。

なので、トレードを行う前に
まずは直前の相場の流れを
確認してみるのがいいですね^^

その後、ロンドン市場がクローズするまでの
翌日深夜1時くらいまでは
トレンドが発生しやすいと考えられているので

トレンド方向に素直にポジションを持つのが
一般的な戦略とされています。

つまり、
上昇の傾向にあるのであれば
そのまま上昇が続く可能性が高く

下落の傾向にあるのであれば
そのまま下落が続く可能性が高い
という
考え方になります。

ただし、この時間帯は
アメリカの経済指標発表があったり
株の取引が開始されたりと
なにかと動きを見せることも多いので

指標発表前などはトレードをせずに
相場の流れを見極めるのがポイント
です。

特に明日の9月4日は
雇用統計の発表が控えていますから要注意ですね。

そして指標発表後に
株が上昇を始めたら
為替相場も上昇になることが多く、

株が下落を始めたら
為替相場も下落になることが多い
わけですね。

いかがでしたか?

お便りで頂いたように
ニューヨーク市場は
ちょっとクセがあるので

時間をかけて相場に慣れていくことが
一番の近道だと考えています。

戦略や手法ももちろん大切なのですが
”相場観”を身につけることが
一番の武器になるわけですね。

また視点を変えて
違う時間足やトレードスタイルに挑戦してみるというのも
オススメです。

お昼の間はフルタイムで
お仕事をされているとのことでしたので

4時間足や1時間足の相場でしたら
朝昼晩と1日3回程度のスイングトレードで
利益を狙っていく
ことも十分可能です!^^

スキャルピングで利益を出すことが
出来なかった人が
スイングトレードで稼げるようになったという話も
実際にありますし、

一度、視野に入れてみて
いただくのも良いかもしれません。

そして、スイングトレードに重要な
トレンドフォローという考え方について、
弊社クロスリテイリングで講師をされている関野さんが

徹底講義をお伝えするイベントが開催中です。

“無料”でトレンドフォローについて学べるだけでなく、
毎回の課題を全て提出すると、
豪華特典がもらえるイベントですので、
こちらもぜひご参考にいただけたらと思います。

【トレジャーハンター】
イベントページはこちら

※第一回課題提出期限は明日9月4日(金)の午前11時59分までです。
 特典を希望される方はお早めに課題に取り組んでくださいね。

それでは今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

次回は本日の最後にご紹介しました
スイングトレードについて
お伝えしていきたいと思いますので

ぜひ、次回もお楽しみに!

それでは、またお会いしましょう(^^)

担当:上村

P.S.
クロスリテイリングのLINE@が誕生しました!
まだまだできたばかりですが、
ぜひ登録してくださいね!
LINE@
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
トレンドフォローで

ごっそりと利益を取っていく

シンプルかつ、リスクの少ない手法で

あなたも経済的自由人を目指しませんか?

トレンドハンターFX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

相場が動く時間帯、あなたはトレードしてますか?

こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

大型だった台風が過ぎ去り、
夏と秋の間をさまよっているような
不思議な天気ですね。

さて、今週は、先週に引き続き
各時間帯のマーケットの特徴について
お伝えしていきます。

まずは「ヨーロッパ市場」です。

ヨーロッパ市場は日本時間の15時ごろから
オープンするマーケットで
取引量が非常に多いことが特徴の市場です。
(冬時間の場合は16時頃からとなります)

このヨーロッパ市場の中でも
特に意識していただきたいのが
世界最大と言われているロンドン市場です。

また、ロンドン市場には
日本時間で午前0時を過ぎた辺りの時間帯を
ロンドンフィキシング”と呼んでおり

ここで多くの大口顧客の取引が出回るため
マーケットが大きく動くというのが特徴です。

続いて「ニューヨーク市場」について
お話しします。

こちらは為替市場の最後を締めくくるマーケットで
日本時間の22時頃から始まります。
(冬時間の場合は23時頃からとなります)

多くの市場と時間帯が重なっているため
ほかの市場に比べて
ダイナミックに動くことが多いのが特徴です。

また様々な経済指標の発表の結果で
相場の動きが大きく左右されることも
特徴の一つです。

数ある経済指標の中でも
特に毎月、第一金曜日に発表される”米雇用統計”は
市場に大きな影響を与えるものとなっています。

この相場でトレードを行うときは
経済指標にも目を向け、
損切りをきちんと設定することが
重要になってきます。

チャートはただ機械的に動いているわけではなく、
さまざまな要素が重なった結果を
表しています。

これらの時間帯にトレードをするのでしたら、
ぜひ、それぞれの時間帯の特徴も念頭に置いてみてください。

市場のオープン時間も意識することで、
有利にトレードを進めることに繋がっていきますので、
少しでも意識してみるのをオススメしますよ!

それでは今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

ぜひ、次回もお楽しみに!
またお会いしましょう(^^)

担当:上村

P.S.
クロスリテイリングのLINE@が誕生しました!
まだまだできたばかりですが、
ぜひ登録してくださいね!
LINE@
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
時間がない人必見!?

1日わずか”10分”のスキマ時間に

安定した利益を片手間に稼ぎ続けられる

「超高性能」トレンドサインツールはこちら

FXスキャル・パーフェクトシグナル
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

ページトップに戻る