モーニングタイムの特徴的なFX相場!

こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

気が遠くなるような暑さが続いていましたが
最近はやっと落ち着いて
少しずつ涼しさを取り戻してきましたね。

特に明け方の朝の時間などは、
まだ日も出始めたばかりなので、
過ごしやすかったりします。

ということで、本日のクロス通信では
「朝の時間」にスポットを当てて
FXと朝の関係についてお伝えしていきますね。

FXは世界中のマーケットが
順々にオープンしているので、
平日なら24時間いつでも取引できるというメリットがあります。

時間帯によってマーケットが違うということは、
そのときどきによって、
相場の動きにも特徴が出てきます。

まずはじめに「オセアニア市場」です。

オセアニア市場は日本時間の朝4時ごろから
オープンするマーケットで、
比較的値動きが小さいため規則性を見つけやすい相場です。

しかしそれは平日の話であって
月曜日は「窓開け」と呼ばれる現象によって
大きく荒れることもあります。

また、市場参加者の人数から、
大きな金額が動くと突発的に相場が動くこともありますので、
そこは注意が必要です。

そして
10時頃からは「アジア市場」が開きます。

アジア市場は一般的に取引量が少なくなりがちで、
大きく動かないと言われている相場です。

レンジ相場を形成しやすいので、
スキャルピングトレードが得意な人は、
利益を狙いやすいですが、

トレンドフォローではなかなか
利益に繋げづらいということもあります。

いかがでしたか?

兼業トレーダーの方は、
あまりこの時間でトレードを行うという機会は
ないかもしれませんが、

もしこの時間帯にトレードを行うという際は、
ぜひマーケットの特徴についても
気にかけながらトレードに挑戦していただければと思います。

それでは今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

次回クロス通信では、
本日の続きで、他のマーケットの特徴についても、
お伝えしていきますので

ぜひ、次回もお楽しみに!
またお会いしましょう(^^)

担当:上村

P.S.
クロスリテイリングのLINE@が誕生しました!
まだまだできたばかりですが、
ぜひ登録してくださいね!
LINE@
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
時間がない人必見!?

1日わずか”10分”のスキマ時間に

安定した利益を片手間に稼ぎ続けられる

「超高性能」トレンドサインツールはこちら

FXスキャル・パーフェクトシグナル
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

2つのMA、どちらを使う?

こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

「移動平均線(MA)」は
FXトレーダーの中ではもっとも使われている
とても有名なインジケーターですよね。

移動平均線は、
過去の一定期間の平均値から
求められるものとなります。

そこで、移動平均線にも
種類があることはご存じですか?

例えば、

・単純移動平均線(SMA)
・指数移動平均線(EMA)
・加重移動平均線(WMA)
 

の3つが有名です。

ということで今回は、
この3つの中でもFXで
よく取りあげられる移動平均線となる
 
 
「単純移動平均線(SMA)と 指数移動平均線 (EMA)」 
 
 
についてお伝えします!
 
 
SMAとかEMAって
FXをやっている人なら
一度は耳にしたことがあるのでは?

というくらい有名なものですが、

この2つの移動平均線について
しっかりと理解している人って
意外と少ないんです。

この2つ、
一見似たようなものなのですが
しっかりと特徴があります。

「じゃあ、SMAとEMA、
 どちらを使えばいいの?」

って思われるかもしれません。

それも説明しますので
ご安心ください。

まずは、
SMAとEMAをチャートに反映させたものを
一回見てみましょう!

▼SMAとEMAの画像はコチラ
  

画像を見てもらっても分かるように
似ているけど2つの線で若干のズレがありますね。

ではSMAとEMAでは
一体何が違うのでしょうか。
 
 
【SMA】

指定した期間の平均値を
結んでできた線のことです。

例えば、20日間のSMAの場合、
過去20日間の為替レートの合計を20で割り、
算出された平均値を結びます。

相場に対しての
反応速度はEMAより遅くなります。

“大きなトレンドを捉える”際には
有効なものですね。
 
 
【EMA】

“直近の為替レートを重要視する”
といった考えにもとづいて算出されたものです。

新しいデータほど重要視されるように
工夫してあり、

20EMAといった場合、
20日前の価格よりも前日の価格のほうが
重視された移動平均線です。

相場に対しての
反応速度はSMAより速いのが特徴です。

簡単に言うと、
“現在の相場状況や勢いを反映させた線”
ということですね。
 
 
よく、EMAのほうが
反応速度も速いし優れているから
SMAよりEMAを使うべき!
という意見を聞いたりしますが、

実際のところ、
こっちのMAを使ったほうが絶対いい!
なんていうことはありません。

トレーダー個人ごとの好みや
トレード手法に応じて使い分ければいいのです。
 
 
“SMA”はエントリーのシグナルとして
使うのがいいのではないでしょうか。

反応が遅いので、
エントリーのタイミングは遅くなりますが、
そのぶんダマシにあう確率は減ります。

“EMA”は相場の細かい動きを
読むときに使ってみるといいかもしれませんね。

相場の動きに敏感に反応できるので、
トレンド転換点を見極めたり
逆張りトレード好む人にオススメ。

 
 
どちらにせよ、
メリットとデメリットは必ず存在するので
それぞれの特性を理解した上で

相場の状況、手法に合わせて
臨機応変に使い分けていきましょう!

判断材料の1つとすることで、
さらに安定したトレードも
可能になりますよ。 
 
 
それでは今回も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

また、8月13日(木)~8月16日(日)の 期間は
クロスリテイリングは夏季休業とさせていただきます。

そのため、次回のクロス通信は
8月20日(木)となります。

ぜひ、次回もお楽しみに!
またお会いしましょう(^^)
 
 

担当:上村
 
 

P.S.
クロスリテイリングのLINE@が誕生しました!
まだまだできたばかりですが、
ぜひ登録してくださいね!
LINE@
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
時間がない人必見!?

1日わずか”10分”のスキマ時間に

安定した利益を片手間に稼ぎ続けられる

「超高性能」トレンドサインツールはこちら

FXスキャル・パーフェクトシグナル
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

夏季休業に伴う休業期間のお知らせ

クロスリテイリング株式会社です。
いつも弊社サービスをご利用いただき、ありがとうございます。

盛夏の候、皆様方におかれましては
益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。

本日は夏季休業に伴う休業日に
関してお知らせいたします。

——————————————

【夏季休業期間】
2015年8月13日(木)~2015年8月16日(日)

【休業期間中の休止業務】
・メールの配信、サポート
・各教材に関する問い合わせへのご返答

——————————————
休業期間においては、ご対応が出来かねますので、
ご理解とご了承の程、お願い致します。

休業期間中のお問い合わせをお控え頂けますと、
8月17日(月)から迅速なサポートが可能となりますので、
ご協力頂けますと幸いです。

お知らせは以上となります。

どうぞ宜しくお願い致します。

ページトップに戻る