昨日のドル円、大変動の理由は!?

こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

日本人はやはり円絡みの通貨ペアで
トレードをする方が多いですね。

その中でも特に多いのが
米ドルと日本円の組み合わせのドル円です!

そのドル円相場ですが、
昨日、大きな動きがあったのは
ご存知かと思います。

ドル円は124円半ばの価格となっていましたが、
それを一気に変動させるほどの、
とても大きな動きでした。

約2円の価格変動となったドル円相場は、
現在、このようになっています。

▼2015年6月10日 USDJPY 5分足
 

このように相場が124円台半ばから122円台後半まで変動し、
大幅のドル安/円高
となりました。

経済指標発表前後の相場も
これと似たような形に
相場が荒れることが多いですね。

しかし昨日、
特に注目されるような経済指標の発表は
特にありませんでした。

ではなぜ
このような相場の動きになったのでしょうか?

今回、円買いが集中したのは、
日銀総裁の黒田東彦氏による発言がきっかけです!

黒田氏は実質実効為替レートについて
 
 
「ここから更に円安はありそうもない」
 
 
と発言したことにより、
昨日の円高に繋がったのです。

ちなみに現在のドル円は、
相場を戻すように徐々に価格が上がっている状態となり、
今後、どのように相場が動くか注目ですね。

このように
要人の発言で相場の流れが
ガラッと変わってしまうこともあります。

今回のような要人の発言は、
経済指標のようにあらかじめ予定がはっきりと
決まっているものではありません。

突発的な場合が多いため
重要な指標発表がないからといって安心せずに、

いつでもリスク管理を怠らないことが
必要となってきます。

リスク管理を徹底して、
安定した相場で着実に利益を取っていけるよう
今後のトレードに臨んでいきましょう!

それでは今回もお読みいただき、
ありがとうございました。

また次回、お会いしましょう(^^)
 
 
 
担当:上村
 
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
空いた時間でパパっと稼ぐならこれ!

仕事終わりや家事の合間、寝る前に

ポンポンと楽しく安定して利益をもぎ取る

FX-Jinの究極のスキャルピング手法はこちらから

恋スキャFX ビクトリーDX完全版
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

ギャン理論をFXに活用するには?

FX初心者が楽しく学べるYouTube無料コンテンツ
“FXビギナーズチャンネル”が
本日で50回を迎えました!
毎日19時頃に配信されますので、ぜひこちらからチェック!

登録はコチラ


こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

今回は前回のダウ理論に続き、
多くのリクエストをいただきました
「ギャン理論」についてご紹介していきます!

ダウ理論は聞いたことがある方が多いかと思いますが、
ギャン理論は比較的に少ないかと思います。
 
 
 
それでは早速、現在の投資理論でも
有効性の高い方法だと受け継がれている
 
 
「ギャン理論」
 
 
について、
ご紹介させていただきます。
 
 
このギャン理論、
100年以上も前に考案されたものですが、
長年語り継がれているということもあり、
投資理論の原則であるとも言われています。

前回ご紹介したダウ理論の考案者、
チャールズ・ダウ氏が生まれた約25年後、

ギャン理論の考案者
ウィリアム・デルバート・ギャン氏が誕生しました。

この方ですね。

キリッとした表情にメガネ姿のギャン氏。

彼は投資に関して
 
 
「ルールに従うことが出来ないものは、
 投資をやめたほうがよい」

 
 
といった言葉を残し、
 
 
「ルールに従わなければ、
 投資で失敗することは明確であり、

 成功するかしないかの道は、
 ルールを守るか、守らないか、の
 どちらかで決まる」

 
 
と唱えています。

そんなギャン氏がトレードを行なう際に
自分自身のルールとして取り入れた、

「ギャンの価値ある28のルール」は
今も尚、活用され続けているんです。

こちらがそのルール一覧となります。(クリックで拡大できます)

 
28個となると、
とても多く感じますね(笑)

ですが、
上記を見ていただくと分かるように

この中にはルールだけでなく
トレードを行なう上での
心構えなども取り入れられています。

たとえば、
「耐えよ、焦るな。」という言葉。

まるで何かの呪文のようですね。

トレードで負けてしまったり、
予期せぬ方向に相場が動いたときは、
焦ってしまうこともあると思いますが、

勝てる相場がくるまで耐えるため、
冷静な判断が出来るよう
心がけていきましょう、

という意味です。
 
 
そんな28個あるルールですが、
ギャン氏は株式投資の人なので、
FXにそのまま使えないところもあります。

そのままルールを全部取り入れるのではなく、
FXでも当てはまる部分を
あなたのルールに取り入れていきましょう!

そうして、
あなただけの“勝てるルール”を
作り上げていただければと思います。

相場から退場してしまう人は、
自分のルールを守ってトレードをし続けられるか、
そうでないかで、大きく分かれますからね!

自分に有効的だと思うものは取り入れるように、
情報や知識の取捨選択を
していきましょう。
 
 
それでは今回もお読みいただき、
ありがとうございました!

また次回、
お会いしましょう(^^) 
 
 
 
担当:上村
 
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
6年間で8000pips以上を獲得している

天才トレーダーの「ダイスケ」が公開!

悪魔のように相場から利益を奪い取る

ヘッジファンドの手法にのっとるロジックはこちら!

ミリオネア・トレードFX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

ダウ理論って結局どんな理論なの?

こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

今回は多くのリクエストをいただきました、
「ダウ理論」についてご紹介していきます!

トレードの基本ともなるダウ理論について
しっかりと知っておきたいという方が多かったようですね。

多くのご要望メールをいただき、
本当にありがとうございます(^^)

ぜひ、これからもいただいたリクエストに
お応えできればと思いますし、

楽しく読めるクロス通信を
お送りしたいと思います!
 
 
それでは早速チャート分析の基盤となり、
今も有効に活用されている
 
 
「ダウ理論」
 
 
について、ご紹介させていただきます。

投資をかじったことがある人なら、
一度は耳にしたことがあると思いますが、

実際のところ、
なんのことだか分からない人って、
結構いらっしゃるのではないでしょうか。

このダウ理論の「ダウ」という言葉、
元々何から来ているかご存知ですか?

「ダウ」とは、
人の名前なんです。
 
 
 
この方、
チャールズ・ダウ氏。

過去にもニュートンが発見した
ニュートン力学や

電池を発明したアレッサンドロ・ボルタから
ボルトという単位が生まれたように

新しく構築された発明や発見に
第一人者の名前が付くことって多いんです。

「ダウ理論」もそのひとつ。

チャールズ・ダウ氏は
19世紀にアメリカで活躍した金融ジャーナリストで、

彼によって構築されたチャート分析方法の名前が
「ダウ理論」というわけですね。
 
 
では、具体的にどういった理論なんでしょうか?

ダウ氏は相場を予測するためには、
“6つの法則”があると掲げました。

その中でも最重要視されているのが、
トレンド転換に関する理論になります。

トレンドは明確なシグナルが発生するまで
基本的には継続するものだとされています。

では、その明確なシグナルとは
何で判断すれば良いのでしょうか?

それは、直近の高値もしくは安値です。

たとえば、ふと海を見ただけでは、
今が満ち潮なのか引き潮なのかは
分からないですよね?

でも、しばらく観察していると
その境目が見えてきます。

トレンドの流れも、
これと同じなんです(^^)

しばらく観察した上で
今までの高値または安値を
継続的に上回ったり下回ったりする状態が続けば

上昇トレンド、もしくは下落トレンドであると
判断出来る、というわけですね。

簡単に画像を作ってみましたが、
こちらがダウ理論の基本です。
 
 
 
画像のように
下落トレンドは高値切り下げ→安値切り下げ
上昇トレンドは安値切り上げ→高値切り上げ

と、番号の順番に確認していきます。

ここにトレンドラインを引くと、
トレンドの動きがより判断しやすくなります。

ダウ理論を理解していれば、
トレンドができたときの判断が早くなりますし、

エントリーの出遅れも
防ぎやすくなるでしょう。

値動きが乏しいときや
トレンドができたかどうかを判断しかねるときは
トレードは一旦休憩というように、

リスク管理や効率的なトレードにも
つながっていくんです^^

今回はダウ理論の特徴をざっくりご説明しましたが、
なんとなくご理解いただけましたか?

ぜひ、今後のチャート分析に取り入れていただき、
エントリーしようとしているトレンドが
一時的なものなのか、継続的なものなのか、

しっかりと判断し、
勝てるトレーダーになっていきましょう!

それでは今週も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

また来週お会いしましょう。
 
 
 
担当:上村
 
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
1分足で相場からスパッと利益を抜き取る!

米国のトレーダーランキングで

世界第5位のトップトレーダーが教える

TAMURA式・1分足トレードロジックはこちらから!

One Minute’s FX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

ページトップに戻る