名前も覚えやすい!? あのインジケーターはこちら!

こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

今回はインジケーター紹介シリーズとして、
とてもリクエストが多かったインジケーターを
ご紹介していきます!

前回はファンダメンタルズ分析についてお伝えしましたが、
やはり、インジケーターのリクエストが
とても多かったんです。

多くのご要望メールをいただき、
本当にありがとうございます(^^)

ぜひ、これからもいただいたリクエストに
お応えできればと思いますし、

まだまだこちらから募集中ですので、
インジケーターのこと以外でも

「クロス通信でこれを紹介してください!」

というリクエストがありましたら、
どしどしお寄せくださいね!

クロス通信のリクエストはこちらから
info@crossretailing.co.jp
 
 
さて、少し前置きが長くなってしまいましたが、
早速リクエストが多かった

“あの”インジケーターについて
少しお話しさせていただいますね。

こちらはとてもシンプルなテクニカル指標ですが、
そのぶん、相場の動きも
判断しやすいでしょう!

メタトレーダーに反映させると、
このように表示されます。

 
 
そうです!
今回はトレンドの流れを判断するのに有効的な
 
 
「ZigZag」
 
 
をご紹介させていただきます。

「ジグザグ」というちょっと面白い名前から、
もし普段使っていなくても
なんとなく印象に残っているのではありませんか?(笑)

このZigZagは、チャートを1本のラインで、
直近の高値と安値を結んでいるように形成されています。

初期設定ではおおよその高値と安値を結んでいますが、
プロパティからパラメーター数値を変えれば、
ジグザグラインの動きも変わってきます。

 
 
画像の四角で囲んでいる数値を
全て低くするとジグザグが敏感に反応して
ダマシが頻発しやすくなります。

反対に、数値を全て高くすると
今度は鈍感すぎてトレンド転換が
判断しにくくなってしまいます。

ただ、数値を変えることは悪いことではありませんし、
ロジックによっては数値を変えることもありますので、
数値の設定には個人差もあるでしょう。

短期の取引では数値を低く、
長期の取引では数値を高く、

という基準です。

数値の設定には相場に関する知識と
トレード経験も必要となってきますので、
初心者のうちは数値はいじらなくていいと思います(^^;)

と、いいますのも、
ZigZagは大まかなトレンドの流れを判断するのみなので、
単体で使うにはあまり向いていないからですね。

ZigZagはトレンド判断する補助として、
ダウ理論の参考として使うと効果的ではないでしょうか。
 
 
 
担当:上村
 
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
シンプルなロジックで年間10,000pips獲得!?

相場から鮮やかにストレスなく利益を抜き取る

世界ランキング5位のトレーダーの

1分足トレード法はこちらから!

One Minute’s FX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

雇用統計、先週金曜日の相場はどう動いた?

こんにちは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

先週の記事で、
“クロス通信で紹介して欲しいこと”の募集をしましたが、
とても多くのリクエストをいただきました(^^)

インジケーターについてのご要望が多かったのですが、
それと同じくらい、

「ファンダメンタルズについても知りたいです」

という声もいただきました!

そこで今回は、
ファンダメンタルズにフォーカスした内容で
ご紹介したいと思います。
 
 
さて、先週の金曜日は“何か”がありましたが、
あなたはご存知でしたでしょうか?

これはFXトレーダーなら、
非常に注目するべき、1つのイベントです。

そう、先週の金曜日、
5月8日の21時30分頃に米雇用統計の発表がありました。

毎月初めの金曜日に発表される経済指標ですが、
今回は相場に対する変動が大きいと予想されていました。

では実際、
相場がどのように動いたかを見てみましょう!

【ドル円 15分足】

◯で囲んでいるところが、
今回の米雇用統計の影響が大きく見られるところです。

こちらの相場の動きを見ても分かる通り、
米雇用統計発表は相場に大きな影響を与え、
非常に不安定な状態になることが多くあります。

米雇用統計発表が相場に大きな影響を与えるのは、
アメリカの経済力が世界トップということ、

米ドルがもっともメジャーな通貨であり、
流通量が1番という理由が強いです。

そのため、米雇用統計の発表がある時は、
多くの通貨ペアに影響を及ぼすので、
ぜひ、覚えておきましょう!
 
 
経済指標発表時のトレードについて
Jinさんっぽく野球に例えてみると
分かりやすいかもしれません。

いざバットを振るときに、
ストレートなどの分かりやすい球だったら
ヒットのチャンスですよね。

でも、自分が慣れていなかったり、
予測できないような変化球を投げられたら、

打てる可能性は低いですし、
無闇にバットを振らないほうがいいです。

たとえ当たったとしても、
それはただのラッキーだし、次も打てるとは限らないです。

それだったら、予測しにくい変化球は見送り、
ストレートなどの分かりやすい球を狙って
確実性を持たせたほうがナイスな判断だと思いませんか?

FXでも同じです。

動きが分からない相場で一か八かのトレードをするよりも、
安定した相場でトレードをする方が、着実に利益をゲットできます。

経済指標発表に乗っかってトレードをする人もいますが、
根拠がなければそれは危険な行為で、
ただのギャンブルトレードになってしまいます。

もし、根拠もなしに指標発表に乗ってしまったら、
これまで増やしてきた利益を一気に失いかねません(汗)

ですので、どのような指標発表があるか、
1週間ごとにチェックするなどをして
資金を守るために徹底していくといいですね。

今回の米雇用統計は、
特に相場に大きな影響を与えやすいので、
毎月初めの金曜日は注意をしておきましょう!

そして、初心者の方は
動きに振り回されないように
指標発表のときはトレードを避けるのいいですね。

決して焦らず、安定した相場でトレードを行い、
着実に利益を増やしていくよう、
心がけていただければと思います(^^)

それがトレーダーとして成長するために大切なことであり、
「経済的自由人」になるための近道ですからね。

それでは、今週もここまで読んでいただき、
ありがとうございました。

また次回、
お会いしましょう!
 
 
 
担当:上村
 
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
世界屈指のスイングトレードで

1年で資産を120倍までアップできる?

トレンドでごっそり利益をゲットしていく

年利12,000%のトレード手法はこちらから!

トレンドハンターFX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

リクエストが多い“あのインジケーター”はこちら!

こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

本日は少し久しぶりに、
インジケーター紹介をしてきたいと思います!

実はクロス通信で、
インジケーターのご紹介がとても人気なんです。

これまで代表的なインジケーターを
様々ご紹介してきましたが、

もし、「コレが知りたい!」というものがありましたら、
ぜひ、こちらからご要望いただければと思います(^^)
お問合せメールアドレスinfo@crossretailing.co.jp

また、インジケーターのご要望のみならず、
クロス通信で紹介して欲しいことがありましたら、
どしどしリクエストをお寄せくださいね。
 
 
さて、あるオシレーター系指標について、
リクエストをいただきましたので、
今回はそちらをご紹介していきたいと思います!

こちらはオシレーター指標に分類されているのですが、
使い方次第ではトレンド系としても活用できるインジケーターです。

では、早速メタトレーダーに
反映させてみましょう!

こちらをご覧ください。

そう、今回ご紹介するのは、
 
 
「CCI」 
 
 
です。

CCIは、Commodity Channel Index
(コモディティ チャンネル インデックス)の略で、

買われすぎ、売られすぎを示す、
オシレーター系指標
ですね。

元々は、トレンドの強さや、相場の転換点などを
探るために作られたテクニカル指標です。

ただ、オシレーター系指標に分類されているCCIですが、
先程もお話ししたように、今でもトレンドの強さや
トレンドの発生を判断するために使っている方も多くいます。

クロスリテイリングで講師をしている、
FX-Jinも使うインジケーターの一つなんですよ。
 
 
CCIの数値は、
1日ごとの高値と安値、終値の平均値から
算出していますが、、、

ちょっとややこしいですし、特に覚えておく必要もないので、
計算式はここでは割愛させていただきますね。

重要なのは特徴を知って使いこなすことです。
 
 
そんなCCIは、他のオシレーター系指標と異なり、
天井や底にラインが張り付かないのが特徴です。

こちらの画像をもう一度ご覧ください。

円で囲っているところには、
100、0、-100の数値がありますね。

シンプルに考えて、
100を抜けたら買いが強く、
-100を抜けたら売りが強いと判断します。

ただ、この100のラインは簡単に抜けてしまうことが多く、
ダマシとなる可能性も高いので、

CCIだけではなく、
他のテクニカル指標を組み合わせて
エントリーポイントを見つけていくのがオススメです(^^)

基本的にCCIは逆張りで使われることが多いですが、
発想を変えて順張りでも使っていきましょう!
 
 
 
担当:上村
 
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
勝率8割を達成したシンプルな手法で

あなたも1年で資産120倍を目指しませんか?

世界最高レベルのスイングトレードを学べる

関野式プロトレーダー育成プロジェクトはこちらから!

トレンドハンターFX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

ページトップに戻る