このオシレーター系指標、使っていますか?

こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

クロス通信では、いくつかインジケーターを
紹介してきました。

とても反響があり、多くの方から
このようなご意見やご感想をいただいています(^^)

「もっと色んなインジケーターを紹介してほしいです!」

「自分が使っているインジケーターはまだかなと期待しています」

「専門書のような難しい言葉とか使っていないので分かりやすいです^^」

などなど、
ご期待くださる方がとてもいらっしゃいます!

ありがとうございます!!

その期待に応えられるように、
ぜひ、これからもご紹介させていただければと思います。
 
 
そんな多くのご意見のなかで
ご要望がとても多かったインジケーターを
今回は紹介したいと思います。

売られすぎや買われすぎを示す
オシレーター系指標の1つです。

そのインジケーターは、、、

「ストキャスティクス」

です。

ストキャスティクスはメタトレーダーのサブウィンドウに表示され、
2本のラインによって、売られすぎと買われすぎを表します。

チャートに反映させると、
このようになります。

 
 
初期設定では丸で囲った1番の値が
80%と20%で設定されています。

この数字を基準に、
80%以上を買われすぎ、20%以下を売られすぎと
判断していきます。

人によっては80%を85%や75%、
20%を15%や30%など、
パラメーターを変更しています。

画像の2番のようにプロパティーの
レベル表示から変更できますので、
あなたのトレードに合わせて
数値を変更すると良いでしょう。
 
 
ストキャスティクスは
レンジのような相場ではとても有効的ですが、

トレンドのように大きく動く相場は
苦手
なんです。

そのため、移動平均線などのトレンド系の指標を
組み合わせて使っていくと、
相場状況をより把握していけます。

インジケーターには、
長所もあれば短所もあります。

それぞれの短所を補い、
長所を伸ばすよう、複数のインジケーターを
組み合わせていくのも大切となりますからね。

今回紹介したストキャスティクスを使うときは、
トレンドの系の指標と合わせて使っていきましょう!

 
 
担当:上村
 
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
毎月安定して稼ぎたいなら

FXプロコーチが教える

王道デイトレロジックがオススメ!

月収100万円を目指す育成プロジェクトはこちらから!

デイトレMAX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

トレンドに強いあの“インジケーター”の使い方とは?

こんばんは!
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

クロス通信で何度かお伝えしました、
インジケーターについてのご紹介が、
とても好評をいただいています(^^)

「本を読んでも難しくてよく分からないので、参考になりました!」

「自分のトレードに取り入れていきたいと思います。」

「インジケーターの見方や特徴が理解しやすかったです^^」

などの、とても嬉しいご意見をいただきました!

そこで今回ご紹介するのは、
こちらもサポートに多くお問い合わせをいただく
トレンドに強いあのインジケーターです。

あなたはトレードで
こちらを使用しているでしょうか?

今回ご紹介するインジケーターは、、、
 
 
 
「パラボリック」
 
 
 
パラボリックは視覚的にとても分かりやすい
トレンド系のテクニカル指標です。

大きなトレンドを判断する上で役立ち、
SAR(ストップアンドリバース)という数値を使用しています。

実際にメタトレーダーに反映させると、
このような感じになります。
 

 
上昇と下落がひと目で分かるように、
放物線が描かれていますね。

1番が上昇、2番が下落を表していて、
少し見づらいかもしれませんが、
メタトレーダー4では
上昇も下落も同じ色になってしまいます。
 
 
トレンドがはっきり確認できるときに
パラボリックは有効ですが、

トレンド性が薄い揉み合い相場などのときは
あまり有効ではありません。

強いトレンドが出ている場面に
非常に強いというメリット、

その反面、もみ合い局面に弱いというデメリットも認識して、
パラボリックを活用していきましょう!

このパラボリックを活用していけば、
大きなトレンドを取っていくのに
とても有効的だと思います。

ただ、相場に「絶対」はありませんし、
インジケーターはあくまでも
あなたのトレードを補助するツールです。

ひとつの判断目安として、
上手にインジケーターを活用してきましょう!

 
 
担当:上村
 
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
FX初心者でも安定して稼げる!

平均月間利益500万円のFXプロコーチが教える

最高でシンプルなデイトレ手法を学べる

デイトレMAXはこちらで公開!

デイトレMAX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

あなたはいくつチャートを出していますか?

こんばんは。
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

トレードの調子はいかがでしょうか?

今年に入って早くも3月となりましたが、
トータルでプラスになっていれば嬉しいです(^^)

今回は、日本でも多くの方が
愛用しているチャートソフト

『メタトレーダー』を使う際の
ワンポイントアドバイスをお伝えできればと思います。

実はこのようなご質問を
多くいただきます。
 
 
「チャートはいくつぐらい、画面に表示しておけばいいでしょうか?」

というご質問です。
 
 
FX上級者の方でしたら、
いくつかのチャートをいっぺんに
表示させている方もいらっしゃいますが、

初心者のうちは1つの画面に
1つのチャートを表示した方が良いです。

と言いますのも、トレードの経験を多く積んできた方は、
チャートを確認したり分析するのに慣れています。

そのため、複数のチャートをいっぺんに表示させていても、
特に大きな支障はないんですね。
 
 
ただ、まだトレードに慣れていない
FX初心者の方はなるべくしない方が良いでしょう。

なぜなら、
このようなことが考えられるからです。

・複数のチャートを開いていることで、それぞれの分析が難しくなる。
または、怠ってしまう。

・チャート画面が小さくなるので、1つのチャートが見にくくなる。

・分析や判断が追いつかなく、エントリーや決済のポイントを逃してしまう。

など、FX初心者の場合は
少しレベルが高い方法となります。

実際にチャートを1つの画面に複数表示してみました。

 
 
こちらは、ドル円の複数の時間足を
1つの画面に表示させています。

少し極端ですが、これだけのチャートとなると、
それぞれをしっかり分析をするのは
ちょっと高レベルとなりますし、

インジケーターが加わるとなると、
さらに混乱してしまいそうですよね 汗
 
 
もちろん、
複数チャートを開いたトレードが
悪いというわけではありませんし、

各時間足から根拠をすり合わせしやすかったり、
短期足と長期足の動きを
確認するときなどもスムーズになるのは事実です。

ただ、FX上級者になるまでは、
1つの画面に1つのチャートを表示するのを
おすすめします。

そうすることで、トレード中に混乱することも抑えられますし、
チャートも見やすく、分析もしやすいので、

しっかりと必要な根拠だけを捉えて、
トレードを仕掛けることができます。

そして、十分に経験を積んで、
トレードに慣れてきましたら
複数のチャートに挑戦してみるといいかと思います!
 
 
また、

「この場合では、複数のチャート表示にした方がいいでしょうか?」

という疑問点がありましたら、
いつでもクロスリテイリングにお尋ねくださいね。

どんな些細なことでも、
お問い合わせいただければと思います(^^)
 
 
 
担当:上村
 
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
月間500万円を安定して稼いでいける!?

王道デイトレロジックを開発した

FXプロコーチであるマックス岩本が監修する

今年3月で1周年を迎えたデイトレMAXはこちら!

デイトレMAX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

ページトップに戻る