あなたはいくつチャートを出していますか?

こんばんは。
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

トレードの調子はいかがでしょうか?

今年に入って早くも3月となりましたが、
トータルでプラスになっていれば嬉しいです(^^)

今回は、日本でも多くの方が
愛用しているチャートソフト

『メタトレーダー』を使う際の
ワンポイントアドバイスをお伝えできればと思います。

実はこのようなご質問を
多くいただきます。
 
 
「チャートはいくつぐらい、画面に表示しておけばいいでしょうか?」

というご質問です。
 
 
FX上級者の方でしたら、
いくつかのチャートをいっぺんに
表示させている方もいらっしゃいますが、

初心者のうちは1つの画面に
1つのチャートを表示した方が良いです。

と言いますのも、トレードの経験を多く積んできた方は、
チャートを確認したり分析するのに慣れています。

そのため、複数のチャートをいっぺんに表示させていても、
特に大きな支障はないんですね。
 
 
ただ、まだトレードに慣れていない
FX初心者の方はなるべくしない方が良いでしょう。

なぜなら、
このようなことが考えられるからです。

・複数のチャートを開いていることで、それぞれの分析が難しくなる。
または、怠ってしまう。

・チャート画面が小さくなるので、1つのチャートが見にくくなる。

・分析や判断が追いつかなく、エントリーや決済のポイントを逃してしまう。

など、FX初心者の場合は
少しレベルが高い方法となります。

実際にチャートを1つの画面に複数表示してみました。

 
 
こちらは、ドル円の複数の時間足を
1つの画面に表示させています。

少し極端ですが、これだけのチャートとなると、
それぞれをしっかり分析をするのは
ちょっと高レベルとなりますし、

インジケーターが加わるとなると、
さらに混乱してしまいそうですよね 汗
 
 
もちろん、
複数チャートを開いたトレードが
悪いというわけではありませんし、

各時間足から根拠をすり合わせしやすかったり、
短期足と長期足の動きを
確認するときなどもスムーズになるのは事実です。

ただ、FX上級者になるまでは、
1つの画面に1つのチャートを表示するのを
おすすめします。

そうすることで、トレード中に混乱することも抑えられますし、
チャートも見やすく、分析もしやすいので、

しっかりと必要な根拠だけを捉えて、
トレードを仕掛けることができます。

そして、十分に経験を積んで、
トレードに慣れてきましたら
複数のチャートに挑戦してみるといいかと思います!
 
 
また、

「この場合では、複数のチャート表示にした方がいいでしょうか?」

という疑問点がありましたら、
いつでもクロスリテイリングにお尋ねくださいね。

どんな些細なことでも、
お問い合わせいただければと思います(^^)
 
 
 
担当:上村
 
 
 
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
月間500万円を安定して稼いでいける!?

王道デイトレロジックを開発した

FXプロコーチであるマックス岩本が監修する

今年3月で1周年を迎えたデイトレMAXはこちら!

デイトレMAX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

会長と社長の笑顔の1枚

こんばんは。
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

以前、クロス通信でインフォトップアワードで
3年連続 1位を獲得したこと、

殿堂入りを達成したことを
お伝えさせていただいたかと思います。

そして先日、インフォトップ様が
クロスリテイリングに来社されました(^^)

2014年のインフォトップアワード販売者部門で
1位をいただいたことを記念として、
盾とトロフィーをいただいたんです!

また、殿堂入りを達成したことで、
そちらを記念したカップ型のトロフィーもいただきました。

社長の伊藤がFacebookで記事を書いたので、
ぜひ、そちらもご覧くださいね。

Facebookではインフォトップ様と、
会長の山口、社長の伊藤の写真がアップされています。

せっかくなので、
会長と社長の2ショットの記念撮影もしました^^

今回いただいた殿堂入り記念のトロフィーは
会長と社長のデスクの後ろの棚に飾ってあります。

2014年で1位を記念したトロフィーと盾は、
会長と社長の2ショットの写真に少し写っていましたが、

2012年、2013年で1位をいただいたときの記念品と並べて
こんな感じにエントランスに飾ってあります。

とても重厚感のあるトロフィーなので、
ガラスの棚が壊れそうでちょっと心配です・・・(笑)

でも、伊藤社長もFacebookで書いていたように、
この重みはクロスリテイリングが培ってきたものでもあり、
歴史でもあるんだな、と思います。

その歴史は、
クロスリテイリングだけで
できているわけではありません。

弊社が大きく成長できたきっかけの1つでもある
「恋スキャFX」のリリースを皮切りに、

多くの講師の方々と、
それぞれの特色を持ったコンテンツ、

そして、いつもクロスリテイリングを応援してくださる、
あなたや多くの方からの応援と支えがあったからこそです。

改めてお礼をさせていただければと思います。
本当に、ありがとうございます。
 
 
これからももちろん、
より多くの方にご満足いただけるコンテンツを
ご提供するため、邁進していきます。

FXは多くの方ができる投資だからこそ、
より多くの方に広め、
より多くの方が勝ちトレーダーとなれるよう
クロスリテイリングは全力でバックアップしていきます。
 
 
ぜひ、これからもクロスリテイリング株式会社を
よろしくお願いします(^^)
 
 
 
担当:上村
 
 
  
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
ちょっとした空き時間をお金に変えてみませんか?

短時間で着実に利益を狙う

FX-Jinのスキャルピング手法が詰まった

恋スキャFXはコチラから!

恋スキャFX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

多く質問をいただく、とある“インジケーター”

こんばんは。
クロスリテイリング株式会社
コンテンツ・ディレクション部の上村です。

今回はサポートに多くの方からお問い合わせをいただく、
とあるインジケーターについて
ご紹介させていただきます。

そちらの特徴を捉えて簡単にですがお伝えしますので、
ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです。
 
 
その、とあるインジケーター。

それは、、、
 
 
「MACD」
 
 
前回はボリンジャーバンドについてお話しさせていただきましたが、
今回はメタトレーダーのサブウィンドウに反映される
「MACD」についてお話となります。
  
  
【MACD】(マックディー)とは、、、

“Moving Average Convergence and Divergence”の略で、
売買タイミングや相場のトレンドを判断するのに長けたものです。

MACDは非常に信頼性の高い指標といわれていて、
トレンドを追うのが得意な、順張り系の指標ですね。

メタトレーダーにMACDを反映させると
このように表示されます。

ちなみに日本語では「移動平均収束拡散指標」といって、
多くのトレーダーが愛用しています。
(日本語名はなじみがないですね汗)

見方としては、
MACDが0のラインより上か下に位置しているかということや、
2つのグラフがクロスしている状態などから、
トレードの判断基準にしていきます。

ゴールデンクロス、デッドクロスで
エントリー、決済、という方法もよくある使い方ですね。

エントリーポイントを見定めていくためにも、
とても有効的なインジケーターです。

ただ、MACDだけではダマシがあったりするので、
他のインジケーターと合わせて、
活用していくことをオススメします。

また、インジケーターはあくまでも補助的なものです。

あなたの裁量を視覚的に補助してくれるものなので、
インジケーターに振り回されないようにしていきましょう。
 
 
MACDはトレンドの発生や転換を捉えるための、
とても活用できるテクニカル指標です。

実際にMACDを使ってみると、

「この場合はどうなるんだろう?」

という疑問や不明な点が出てくるかと思います。

どうしてもそちらについて解決できないときは、
ぜひ、お問い合わせください(^^)

人それぞれ疑問点も異なりますし、
お問い合わせをいただければ、
あなたの疑問点にとことんお応えすることができます。
 
 
今回お話したMACDのみならず、
他のインジケーターのことや、
また別の疑問点・不明点でも大丈夫です!

クロスリテイリングを、
そんな疑問点の解決の糸口として、
ぜひ頼ってください。

今回はお問い合わせの多かったMACDについて
簡単にですがお話させていただきました。

またの機会に、他のインジケーターのお話も
させていただければと思います。
 
 
それでは、
またクロス通信でお会いしましょう!
 
 
 
担当:上村
 
 
  
☆~★~☆≪今週のオススメコーナー≫☆~★~☆
FX初心者でも利益を稼ぎたいという方に

オススメのトレード手法。

世界ランキング5位のトレーダーが教える

1分足トレード法はこちらで公開中!
ONE Minute’s FX
☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★~☆~★

ページトップに戻る